月100時間の残業をするとどうなるのか?実際に起きた10個のこと

      2016/07/13

 

月に100時間残業は危険ライン

みなさん、残業してますか?

自分は、残業ラッシュとも呼べる残業の嵐を乗り越え、また嵐に突入しようとしてます。

100時間を超える残業は大変だ。といいますが、なにが大変なんでしょうか?

計算してみましょう。

平日は3時間残業×20日=60時間

土曜日は8時間×4日=32時間

日曜日は8時間×1日=8時間

これでトータル100時間です。

土曜日出勤がない場合は、平日はほぼ終電コースとなります。

 

SEをやってるとみんな平気で馬車馬のように働いています。

そんなとき感じるんです。

 

この人達が日本を底からささえてきたんだなって。

支えてきたのはマンパワーなんだな。って効率化のためのITなのにIT業界マンパワー頼りなんて皮肉ですよね。

そんな100時間残業ですが、過労死ライン超えてますのでかなり危険です。

自分もなんか話だけ聞くとできそうな気がしてましたが、実際やるとかなりキツイです。

ましてや数ヶ月連続とかマジでやばいです。

体がヤバイのはもちろんですが、正常な思考ができなくなってきます。

間食が多くなる

昼飯はガッツリ食べて、夕食もコンビニとかで買って食べてました。

家に帰れないのでどうしても外食とかが多くなりますよね。

普段なら、十分に満足する量を食べているはずなのに、なぜか常に間食をしてしまうんです。

常に心がなにか食べ物を欲していて、まるで地獄の餓鬼のようです。

また、まわりを見渡すと同僚も大量のお菓子をストックしつつ、お菓子をバリバリ食べながら仕事をしてました。

眠いから眠気ざましもあるんでしょうか?それにしても異常な食欲が襲ってくるんです。

普段電車で寝ない人なのに寝てる

普段、電車では読書とか携帯ゲーム機でゲームをやったりと通勤時間を満喫してるんですが、ダメでした。本を読んでても、ゲームをしてても眠くなって途中で寝てました。

本当に疲れてくると電車で寝るのがあたりまえのように眠ってましたね。

足の裏がジンジンする

だんだんと疲労が蓄積してくるのか、足の裏がジンジンと熱をもってきて、なんとも言えないジリジリとした痛みがつねに襲ってくるようになるんです。そのうちふくらはぎもだるーくなってきて、地味にキツイですよ。

常に体がダルイ、朝からダルい

睡眠ってやっぱり大事なんだなって思う瞬間です。

朝起きた瞬間から疲れてます。

通勤をするのも大変。もはや職場に行くだけが仕事のようになってきます。

そして、昼を過ぎるとダルさが体全体を支配して、なんにもできなくなってきます。頭が働かないのはもちろんですが、体も動かないんですから一体何のために出勤してるのか意味がわかりません。

疲れすぎて、熟睡できずに朝早く目が覚める

なんとか1時過ぎに就寝をして8時までゆっくり寝ようと思うんですが、疲れすぎて脳が覚醒してるんでしょうか?寝れないんです。

朝早く4時とかに目が覚めて、ゴロゴロしてやっと6時とか7時に熟睡できるんですが、寝れる時間は8時までの1時間か2時間です。

常に仕事が頭から離れない

思考が完全に仕事に支配されていて、寝ても覚めてもなにか心にひっかかることがあって、考えてみると仕事のことが心配で気になっている自分に気が付きます。せっかくの休日の日曜日の朝一に考えることがそれですよ。

また、1週間の疲れがどっとでるため、ほぼ外出はできなくなります。

もはや日曜日もしっかり休めないので、かなりキツイです。

あー、もういやだー!

変な汗をかく

なんか日中、変な汗をかくときがあります。

突然の動悸とともに額から変な汗をかくんですが、そんな時、もうダメかもしれないって思うんです。

体の悲鳴なんでしょうか。

普段はそんな動悸とは縁がないんですよ。

残業代がすごかった

残業を終えて給与明細みると、額面で20万以上稼いでました。

残業代すげぇ。。

だけど、これって高いの?安いの?っていままでの大変さを振り返って冷静に考えている自分がいました。

でも、無駄遣いも多かった

残業がすごいと、当然ながらショッピングはネットで済ませるのが基本になります。受け取るのも精一杯ですけどね。

なんか普段なら必要ないものでも、ついポチッとしちゃったり、コンビニで甘いもの買ったりと結構無駄遣いしてたなー。この癖が抜けずに残業が少ないと赤字生活になります。

当たり前だけど脳死状態

もはやゾンビのように仕事場に向かう自分がいました。

背中を丸め、のそのそとゆっくり歩く自分。

職場についても知的労働者のはずが痴呆症のおじいちゃんのようにすぐ忘れてしまうんです。

普段なら見落とさない項目をガッツリ見落としてたりとか、それで仕事がやりなおしになったりとかして当然ながら効率は半分以下でしたね。

無駄な労働がほとんどと言い切ってしまっていいと思います。

やっぱり残業はないほうがいいね

残業代はいまでも美味しかったなー。って思うけど、やっぱり100時間は遠慮したいです。

どうしても得るものよりも失うものの方が多いので。

だけど現実問題として、残業は避けられないものとしてやってきますよね。

だからこそ、意識すべきなのは自分の身は自分で守るということ。

 

事なんてどんなに大げさに言ったって、自分が穴を開ければ誰かが代わりに穴を埋めてくれます。

だから本当に危ないなとか倒れそうだって時は、休んでください。

 

仮病でもいいんです。休んでください。

それが大事なことだなって、最近は実感しています。

健康あっての仕事、人生あっての仕事なんですから。

 - 働き方, 問題提起, 病気予防