炭水化物ダイエットで成功してリバウンドした話

   

 

炭水化物ダイエットが流行っていましたが、ちゃんと流行に乗り遅れず自分もトライしている時期がありました。でも、ズルズルと炭水化物を食べるようになってしまい、結局、食生活は元に戻り、体重もリバウンドしてしまいました。

今回はそんな炭水化物ダイエットについてのお話

炭水化物ダイエットって

簡単に言ってしまうと、炭水化物である「ご飯」「麺」等を極力取らずにおかずだけで食事を済ませるというダイエットです。もちろん、お菓子なんてもってのほかですよ。

炭水化物は体内で分解しやすく、糖になりやすいので血中の血糖値が急激に上昇しやすい。

インスリンの分泌をうまくコントロールすることで、太りにくく痩せやすくなるんですね。

ちなみに血糖値が急激に上昇すると食後急激に眠くなる等の症状がでます。

炭水化物を取らずに、タンパク質を主とした食事に切り替えるだけで体重がみるみる落ちるという楽ちんダイエット(?)であります。

ネットで検索するといろいろと言われてはいる賛否両論あるダイエットですが、食事制限だけでダイエットできるなんて最高じゃん。

そんなあまーい言葉に乗っかってみましたよ。というわけで自分のダイエットについてお話しますね。

炭水化物ダイエットの効果

結論からいうとトータルで10キロやせました。

だけど、痩せてからはご飯の欲求に勝てずに間食しまくり、徐々に炭水化物を許す生活を続けて見事10キロのリバウンドに成功しました(笑)

そんな自分が約6ヶ月続けた食生活をご紹介します。

朝食

ゆでたまご×2個

昼食

定食のご飯抜き

もちろんお店の方にはご飯いりません。って言いましょうね。

食べないのに全部残しは失礼ですよ。

夕食

豆腐一丁の上にドライカレーを乗っけてみたり、とにかくご飯の代わりに豆腐ばっかり食べてました。

あとは練り物も多かったですね。さつま揚げとか。今考えるとちょっとアウトかもです。

そして、空腹というか精神的に満たされないので、晩酌でごまかしてましたね。

そのうちセブンイレブンでサラダチキンが登場したので、サラダチキン大活躍でした。

あれは本当に助かりましたよー。

・・・もう二度と食べないかもですが。美味しかったんですけど、流石に食べ過ぎて飽きましたね。

炭水化物ダイエットのメリットデメリット

メリット

本当にみるみる痩せる

痩せます。本当にビックリするくらい痩せますよ。

みるみるウエストが細くなり、足も細くなって、脂肪が落ちたせいなのか冬がいつもより寒かったです。

体も軽くなるので、動くのがラクです。

食後もあまり眠くならずに、活動的になりますよ。ちょっとだけね。

デメリット

食費が高い

食費が高いです。ご飯で空腹を満たせない分、おかずで満たそうとするもので、どうしても食費は高くなりがちです。やっぱりご飯って偉大ですね。

ご飯が食べられないことでストレスがたまる

食事の時にご飯が食べられないのは慣れる。的なことを書いている方もおりますが、慣れません!

やっぱり食事の時はガッツリとご飯を食べることで、精神的な満足感を得られるんですね。

それにおかずの味もより楽しめますし。

常に食事のことが原因で満たされない感情に支配される

外食とかしてるとそうなんですが、本当に食べるものがないんですよ。

あれもダメ、これもダメ。

コンビニに行っても同じ。

なので、いっつも同じ定食に同じチキン(笑)

これは本当に苦痛でした。

食べるものがなくて、食事自体が苦痛になってくるですね。

常に満たされない感情に支配されて、なんか落ち着きが無かった気がします。

まとめ

炭水化物でお腹を満たせないため、大食いな自分は食費がかなり高くなったのが痛かったですね。

しかも、やめると確実にリバウンドするんで、一生ご飯なしかよ。とか考えちゃったり。

あと、人との付き合いとかでゴハンとかが食べれないので、ダイエットしてない人と食事がしにくいんですよね。もちろんご飯抜けばいいじゃんっていう人もいますが、ラーメンとかも無理ですからね。

個人的には、炭水化物を摂取しないのは、日本人の生活にマッチしないと思いますね。

そして、意外に炭水化物は多いんですよ。

もう、炭水化物取らないという選択肢は、食べ物のの幅を3割に減らすくらいの感覚でした。

実際はもっと食べるものはあると思うんですが、自分にはそう感じられました。

これから暑くなるのでダイエットに挑戦する方には、炭水化物ダイエットはあまりおすすめしませんね。

 - ダイエット, ライフスタイル, 食生活