超便利!折りたたみ傘使ってないのは人生損してる!

   

雨の季節は傘を持ち運びする際にはとても気を使いますよね。

ビニール傘を持っている人がかなり多いですが、傘は持ち運ぶ際にも気を使うし、混雑した電車なんかでは隣の人のカバンを濡らしてしまったり、傘を置き忘れてしまったりと、結構、面倒だったりします。

ぼくは基本、面倒くさがりなので、いつも折りたたみ傘を使っています。

そんなわけで、今日は折りたたみ傘のメリット・デメリット、おすすめの折りたたみ傘をご紹介しますね。

折りたたみ傘のメリット

カバンに入れて持ち歩ける

 

折りたたみ傘の最大のメリットは、荷物になる長い傘と違ってカバンに入れて持ち歩けること。

これが一番のメリットですね。

梅雨や夏のにわかの時など、普段からカバンに入れておくと急な雨も怖くありません。

 

傘の置き忘れの心配がない

 

傘を持って行ってよくあるのが、置き忘れですね。

うっかり置き忘れて気がついたら、すでに電車に乗ってたとか車に乗ってたなんて経験ありませんか?

ぼくは、しばしばやってしまっていてそういった時に限って遠出してたりするんですよね。あとは電車に置き忘れは注意。なんといっても電車の忘れ物で一番多いのが傘ですから。

でも、折りたたみ傘ならそもそもカバンに入れることができるので、置き忘れの心配がありません。

 

盗まれたり、持って行かれたりする心配がない

 

会社の傘置き場においておくとあれ?傘がない!なんて経験ありませんか?

傘ってどれもこれも似たようなデザインで間違えやすいんですよねー。

あとは、雨が降ってきたから借りちゃおう。なんて持って行ってしまう輩がいたりとか油断できません。

でも、折りたたみ傘ならそもそもカバンに入れることができるので、盗まれる心配もありませんよー。

 

自宅で傘立てが必要ない

 

傘立てって、地味に場所を占領するんですよ。ただでさえ玄関は限られたスペースなのに、傘立てがドデンとおいてあるとため息がでそうになります。雨の降った時にしか使わないのに場所を占領するのが傘立て。

折りたたみ傘に変えて、傘立てなんか、なくしませんか?

 

軽い

 

傘って以外と重いんですよね。

ずっーと、一日持っていると腕が疲れたりして、意外と傘って重いんだ。と実感したりして。

でも、折りたたみ傘なら軽いものなら100g台からあります。大きめスマホと重さは一緒です。

 

しっかりした物を買えば長く使える

 

折りたたみ傘を買うときに注意したいのが、安物の折りたたみ傘です。

安物の傘だと強風に煽られたりすると、傘の骨がパキッって折れたりしやすいんですが、作りがしっかりしていれば、強風の時にもなかなか折れません。また、風を逃がす仕組みの傘もあったりなど、骨組みが丈夫な傘であれば、長く使えて節約にもなりますよ。

畳んでいるときに人に当たってしまう事がない

 

こちらの記事にも書きましたが、雨の日に傘を持ち歩くのはリスクが高いんですよね。

人に当たって怪我をさせてしまったりする事故も発生しているようですから。

 

 

折りたたみ傘であれば、そういったリスクもほぼ皆無です。

 

折りたたみ傘のデメリット

小さいサイズだと雨を防ぎきれず足元や荷物が濡れてしまう

 

折りたたみ傘の残念なところが、やはりサイズです。

やや小さめサイズが多い折りたたみ傘では、大柄な人は肩が濡れてしまったり、足元や手元のバッグがびしょ濡れになりやすく不便です。

でも、最近では大きめサイズの傘も展開されており、使いやすさがアップ。中には普通の傘より大きい折りたたみ傘も売られていますよ!

 

カバンがやや重くなる

 

これは仕方ないですね。いつもの荷物+折りたたみ傘の重さになるわけですから。でも、片手が空くことを考えたら、折りたたみ傘の重さなんて許容範囲内ですね。傘を片手に持ち続けるって本当に面倒ですからね。それを考えたら多少の重さも我慢できるってものです。

 

傘の水滴を拭きとる必要がある

 

雨の日に使ったあとの傘って、カバンに入れようとするとまず水滴を拭き取らないとカバンに入りませんよね。前はハンドタオルを余計に持って行ってそれを傘やカバンを拭くようにしていたので、面倒だったんです。でも、最近では便利なカバーがあるんですね。さっそくAmazonでポチッっと買い物しました。

 

傘をさすときにカバンから取り出すのがやや面倒

 

これは、カバンをしっかりと整理していれば良いんでしょうけど、ぼくのカバンは中身がかなりカオスでして、いつも傘をもたもたして取り出せないことが多いんです。カバンの整理整頓が大事なんでしょうね。

 

おすすめの折りたたみ傘

 

さて、ぼくがここまで折りたたみ傘を推すのは理由があります。

そう、とても素敵な傘に10年ほど前に知り合って、それから折りたたみ傘しか使ってないです。

かなりおすすめな傘をここでご紹介したいと思います。

totes(トーツ)

7559-blk-3qスクリーンショット 2016-08-31 7.45.10

こちらの傘は、最近はやりの自動開閉型の傘です。

やや値段は高いものの、それに見合うだけの性能とデザインと耐久力を兼ね揃えています。

 

まず、自動開閉の傘は開くときが重要です。

いかに素早くサッと開けるか?

この傘はなんの心配もいりません。

使いたい時に素早く「パッ」と開いてくれます。

そうtotesならね。

 

また、折りたたみ傘で心配になるのがサイズです。

開いた時のサイズが小さければ、やや強めの雨の時には使えません。

でも、こちらならば通常の傘と遜色ないサイズ108cmなのです。

 

 

逆に大きすぎるとカバンに入らなくて困る。

折りたたみ傘はコンパクトさがマストであれば、こちらの97cmのサイズがベスト

 

 

コンパクトながら、しっかりと使えるサイズです。

そうtotesならね。

 

それでも普通の傘が良い時とは?

 

それでも豪雨ややや強めの雨が降っていて、自宅から外出するときは普通の傘を使います。

そんな時は使い分けとして、やや大きめのサイズの傘を用意しておくといいですね。

折りたたみ傘の1回り大きめサイズがおすすめ。

 

まとめ

 

折りたたみ傘に変えてから、雨の日が憂鬱ではなくなりました。

なぜなら、傘を手に持ち歩かずに済むからです。

それくらい傘は邪魔なのに、それをいつまでも使う必要はありませんよ。

この機会に折りたたみ傘に変えてしまいましょう。

 - ライフスタイル , ,