スマホをやめると記憶力がアップする?スマホ無し生活-準備編-

      2016/07/11

スマホをやめようと思ったきっかけ

前回スマホをやめようと検討した記事がこちらです。

スマホをやめると記憶力がアップする?スマホ無し生活-検討編-


あらためてスマホをやめようと思ったきっかけは急激な記憶力と思考能力の低下に日々悩まされているからです。

特に記憶力の低下が日常生活に支障をきたすほどです。

例えば仕事でのこと

上司「○○のことおねがいしますね。」

自分「はい。やっておきます。」

完全に忘れます。

 

家庭でのこと

妻「会社帰りにヨーグルトとパン買ってきて。」

自分「分かった。買って帰る。」

完全に忘れます。。

 

ネットでのこと

「あれこのパスワードなんだっけ?」

完全に忘れます。。。

 

日常生活でのこと

「あれ6桁のあれなんだっけ」

完全に忘れます。。。。

 

出勤途中のこと

「やべぇ。歯を磨くの忘れてた」

完全に汚いおっさんです。。。。。

 

もはや記憶障害のレベルです。

 

そして、思考力の低下も見逃せないところです。

仕事の段取りで当たり前のことを見落として、あとで気が付いて自分の思考能力の低さに驚愕することが最近は多くなってきて本当に自分って大丈夫かな?

五年後にノータリン状態のゾンビになってるんじゃないか?

いや、すでにゾンビなのかも?

って思うこともしばしば。

 

これでは、仕事に支障をきたし最大限のパフォーマンスを発揮できなくなります。

ちょっとシュミレーションしてみましょう。

・仕事の段取りが悪くやるべきことが達成できなくなる

→ボーナスの査定がボロボロになる。

→仕事に対するやる気がなくなる。

→仕事中にスマホばかりいじるようになる。

→記憶力と思考力が低下する。

→解雇される。

→解雇されても気が付かなくなる。

とかなり危機的状況なことがわかります。

 

もぉー。やめてやる!

スマホなんてやめてやる!

海に投げ込んで、君のことは忘れないよ。ってそんな結婚指輪を海に投げ込んだあとの失恋男のようにすっきりとした自分になってやる!

 

スマホをやめるにあたっての決め事

スマホをやめると言っても妻への帰宅するときの連絡はかかせません。

じゃないと弁当作ってくれなくなるんで。

 

なので、スマホを禁止するにあたってルールを決めたいと思います。

いくらスマホをやめるといっても、日常生活に溶け込んでしまっているため、いきなり全部を禁止にするのは現実的ではないです。

たとえば妻への連絡とかスマホゲームの一日一回のログインボーナスとかが重要なわけです。

それらを考慮して以下のルールを設定しました。

・自宅から帰宅まで、これから帰るよって。連絡する時以外はスマホは禁止。

・もちろんお昼休みも禁止。

・帰宅後はスマホゲーム(パスドラ、クラクラ)のみチェックしてラインの返信をして終わり。

・ただし、ブログを執筆する関係でパソコンでの執筆のみ可能とする。

(本当はパソコン自体禁止にしたいのですが、このブログを更新できなるくなるので)

・仕事用の携帯電話の使用は電話とメールのみ可能とする。

(ほとんど使用してないので問題なし。)

・スマホを禁止する期間はちょうど1週間

実行期間は 2016年7月4日 月曜日~7月10日 日曜日まで

とします!

 

現在の記憶力ってどうなのよ。わからないから測ってみよう。

いくらスマホをやめてもやめた前と後で比較ができなければただの感想になってしまいます。

よって現在の記憶力を測定しておいて、スマホ生活前夜と最終日に測定を行い、その結果を公開したいと思います。

果たして結果はどうなるのか?ちょっとドキドキしてきました。

記憶力を測る方法としてはiPhoneアプリのこちらにしました。

PEAK(ピーク)-脳トレ

86585_1452830502_0_2160_1920

記憶、反射神経、語彙力など、あらゆる角度から脳力を試す様々なミニゲーム。

86585_1452830768_0_1080_1920

自分の脳力をグラフ化。どの方面を強化すべきか一目瞭然。

86585_1452830976_0_506_900

ランクやポイントの存在で、みんなと楽しみながら脳トレをできる。

ミニゲームは言語力、記憶力、集中力など、それぞれの脳力に合わせたものが用意されています。

 

能力値がグラフ化されてランクとかポイントで評価されるのか。

なんかよさ気です。

これに決定しました。

 

実行日前夜にこのアプリで測定をして、それからスマホなし生活に突入したいと思います。

それでは、また実行日前夜にお会いしましょう!

 

 - ライフスタイル, 問題提起