ひどいニキビを治す メンズにおすすめな化粧水と生活スタイル

   

ニキビができると本当に困り者ですよね。

ぼくも昔はニキビがひどい時期があって、それは深く悩みました。

高校生まではニキビと縁のない暮らしをしていましたが、20歳くらいになるとニキビがポツポツと出来はじめ、あっというまに顎の下やおでこ、ほっぺたにいたるまで顔中にニキビができてしまいました。

もちろん、洗顔はしっかりと行っていましたし、化粧水も使ったりしていましたが、改善することなく鏡を見ては憂鬱になっていたのは、懐かしい思い出でもあります。

尚、感覚的な話で恐縮ですが、20代前半は肌の活動が活発すぎてなにをやってもニキビは治ることはありませんでした。

やはり時が解決してくれるのでしょうか。

本記事では、多感な20代前半を過ぎても、時折できるニキビに悩まされた25~32歳くらいまでに自分が行ったニキビ対策をご紹介したいと思います。

もちろんニキビ対策は、個人の体質や食事や生活パターン、環境に至るまで様々な状況が違いますので、これからご紹介する方法は全く効果がないことはありうるわけです。

しかし、化粧水であれば、紹介した化粧水が効果がない場合には、化粧水選びの方法など、ニキビ対策の考え方などが今後の治療の手助けになればなによりです。

おすすめ化粧水と洗顔石けん

 

いろいろな洗顔料や化粧水を試して、最後に行き着いたのが草花木果のどくだみ化粧水と石けんです。

どくだみ石けんとどくだみ化粧水のセットを試してから、ニキビがかなりできにくくなり、疲れていて体調の悪い時以外は、安定して肌の状態は良好で、ニキビ対策の極めつけとなりました。

また、ザラザラしていた肌の状態もつるつるもちもちとなり、値段の割に効果が高く感じられる満足な商品です。

特に洗顔石けんは洗浄力も高く、値段も安いことから本当におすすめです。

透肌マスクジェルは値段は高いもののプラスアルファ、肌全体がつるつるなるのでこちらもおすすめです。

夏場などややニキビが出来やすい時期はオルビスの薬用クリアローションも併用していました。

リンク

ちなみにそれまでに試したものとしては・・・。

 

パパウォッシュ

 

洗顔料としては、洗浄力がやや弱く、本来の使用量の2倍は使わなくてはしっかりと洗うことができませんでした。

2倍使うと当然ながら、2倍減るのが早くなるのでコスパはかなり悪いですね。

さほど効果もありませんでした。

 

プロアクティブ

 

かなり薬剤が強かったです。

とくに化粧水。

ピリピリと肌に痛みが走るくらい刺激が強く、殺菌成分が含まれている感じがしました。

効果もなく、ただ肌に負担がかかるだけ。

肌の弱い人にはおすすめしません。

ドラッグストアにあるニキビ化粧水など

 

ニキビに効果がある~という謳い文句の化粧水はほぼ効果なし。

やはり、マイナーすぎるのでしょうか。

 

洗顔のやり方

 

せっかく良い洗顔せっけんを買っても、洗顔のやり方を間違えていませんか?

基本となる洗顔方法はもちろんですが、おすすめなアイテムもご紹介したいと思います。

 

1、まず手を洗います。しっかり洗って清潔にしてからでないと顔に雑菌がついたり、泡立ちが悪くなります。

2、顔全体をしっかりとぬるま湯でざっと洗います。洗顔する前に顔についたほこりや汚れを落として、しっかりと濡らすことで泡を顔全体に行き渡らせるためです。

3、洗顔ネットを使って石けんをしっかりと泡立てます。

このときに洗顔用の布を使うとしっかりと洗うことができます。おすすめです。

4、こすらずしっかりと泡で洗うように顔を洗う。

5、すすぎはしっかりと。泡が落ちても+10回~20回はしっかりと洗ってください。

 

最後の数回はぬるま湯でなく冷たいお水であらうと顔が引き締まります。

 

気をつけたほうがよい食品類

 

よくニキビにチョコレートはよくないとか、食事は関係ないとか色々な意見があります。

ですが、ぼくの経験上、これは避けたほうが良いという食品がありますので、ご紹介したいと思います。

ピーナッツチョコレート

 

はい。これを毎日食べると間違いなくニキビができます。

おいしいけど、たまに食べるくらいにしておきましょう。

 

ピーナッツバター(ジャム類、お菓子など)

 

これもやはりアウト。

継続して食べ続けると間違いなくニキビができます。

個人差は大きいものの、調理されたピーナッツはバターや油を大量に含むために良くない食品といえます。

ピーナッツ自体は大丈夫ですよ。

 

普段から意識したい習慣

 

汗をしっかり拭き取る習慣をつけよう

 

男性に意外に多いのが汗をしっかりと拭き取らない事。

汗を拭き取る。これはかなり重要です。

 

夏場は汗を大量にかくので、みんな意識しているかと思います。

ですが、大事なのは、普段からちょっとした汗でもしっかりとハンカチで拭きとって肌を清潔な状態に保つこと。

 

これを意識することはニキビ予防の観点からとても大事なことだと言えます。

 

また、夏場に背中のニキビがひどい方は、タオルなどでしっかりと拭き取ることでニキビ予防になりますよ。

 

お腹を大切にしよう

 

顔はお腹の状態をダイレクトに表す鏡です。

よって、お腹に良くないことはすなわち顔にもよくありません。

 

普段から食物繊維や野菜を摂ったり、納豆などのお腹に良い食品を摂ることでニキビを防ぎましょう。

 

夏場はお腹が冷えやすいので腹巻きもオススメ。

 

また、最大の敵は睡眠不足です。

普段からしっかりと早めに休んで、健康な暮らしをするよう心がけましょう。

 

まとめ

 

ニキビを予防するにはバランスの良い食生活やしっかりとした睡眠。

正しい洗顔方法と効果のある化粧水が重要です。

 

基本的なことを積み重ねていけば、必ず改善していくはずですので焦らずにしっかり治療に取り組みたいものです。

 - 病気予防