肩こり・首痛を防ぐオーダーメイド枕を4年使ってみて分かったメリット・デメリット

      2016/07/26

20代の前半から肩こり・頭痛・首痛に悩まされてきた管理人が、オーダーメイドの枕を作ってから4年経過したので、メリットデメリットをまとめてみました。

自分がお願いしたのは、山田朱織枕研究所です。

こちらの枕はテレビや雑誌などのメディアでも度々取り上げられていて、管理人もテレビで観て予約を入れました。

オーダーメイドの枕を作ろうと思った理由

枕を作った理由としては、ズバリ肩こりがひどかったためです。

学校を卒業後に社会人として働きはじめましたが、事務職だったためほとんど体を動かす機会がなく、運動不足でした。

学生の時は運動部ではなかったものの、肉体を使うアルバイトに精を出していたせいか健康的でした。

 

しかし、社会人になって1年ほど経過した時、とある事件が起こったのです。

猛烈な頭痛が急激に遅いかかり、仕事もままならないほどのひどい状態に陥ったのでした。

 

そこで、わらにもすがる思いで、1ヶ月ほど原因を探るためにいろいろな病院を巡りました。

結局、とある有名な脳外科で「緊張性頭痛」と診断され、肩こりからくる頭痛との診断が下されました。

ほっとした反面、いままで肩こりとは縁遠かったため、マッサージを受けたりストレッチをしたりと色々な工夫を重ねて肩こりとうまく付き合っていました。

 

別記事に載っているブルーベリーアイも眼精疲労からくる肩こり対策のために飲み始めたという経緯がありました。

よければこちらもどうぞ

そんな肩こりとの付き合いの中で、段々と寝起きに背中が痛くなったり、首がありえないほど凝っていて、つねに首を回したり、首の関節を鳴らしたりと肩と首の不調に悩んでいたのです。

 

これは枕を変えなくてはいけないと感じて、色々な枕を試しました。

テンピュールは当時かなり流行っていて、これで頭痛が取れるなら買おうかと迷っていたのですが、姉が購入したため、姉が外出で不在の時などに使っていました。しかし、枕がすぐに沈み込んでしまい、起きた時にはぺったんこになっていて、明らかに効果は感じられませんでした。

また、他社の低反発枕も同様でした。

やはり枕は難しいなぁと思ったのを今でも鮮明に覚えています。

タオル枕を試してみた

そんな経験がありつつも未だに枕が決まらない中で、テレビで話題の「タオル枕」というのをやっていました。

簡単に言ってしまうとせんべい座布団(ぺったんこになった座布団)にバスタオルを載せて高さを調整できるようにした枕なんですが、早速、作ってみたところ、一晩経ち、ニ晩経つと首の痛みが明らかに軽減されていました。

この頃の自分は枕が限界に来ていて、常に首が痛いとか違和感を感じるような状態になっていました。

そのため、整体やマッサージにかよって首のコリをほぐしてもらわなければ生活できないような感じになっていたのです。

 

ただ、タオル枕にも欠点がありました。

それは寝ている間にタオルがずれて高さが変わってしまうことです。

そこで、本当に枕をオーダーすべきか検討をしました。

まず、山田朱織先生の書籍を読み体系的に納得したあとで、ネットでも情報収集をして購入する決心がつきました。

ベッドや布団もそうですが、やはり寝る時間は人生の1/3を占めると言われていますので、多少高くても本当に良い品であれば元がとれるのではないかと感じたのです。

また、日々、使うものに関してはあまりケチケチしてはもったいないとも思いました。

そして、ついに枕を測定する日を終えてオーダー枕が手元に届きました。

総額で約3万円。

かなり高い枕であることに間違いはありません。

メリット

さて、ここで4年使った上でメリットを挙げてみたいと思います。

やはり一番のメリットは肩こりがほぼ無くなったことですね。

もちろん、疲れてきたら肩こりを感じることはありますが、頭痛に発展するレベルの肩こりとはほぼなくなりました。また、首の違和感も消えて、首が鳴ることはほぼなくなりました。

首の関節を鳴らすのは危険と言われていますが、やはり関節を鳴らすと気持ち良いですよね。

でも、枕を変えるだけで音が出なくなります。

よって、首を鳴らしたくても鳴らない。という良い結果を生み出しています。

 

また、首や肩全体の違和感もまったくなくなりました。

同時にすっきりと熟睡できるようになりました。

肩の違和感。首の痛みやコリがなくなり熟睡できるようになったこと。

これだけで本当に枕を変えて良かった!と心の底から感じています。

 

3万円は実際の話高いですが、効果を考えればコストパフォーマンスはかなり良いですよ!

 

デメリット

やはり値段でしょうか。枕に3万円はちょっと躊躇する金額ではありますよね。

とはいえ、現在4年間使っていますが、普通に使えています。

日割りにしてしまえば、本当に微々たる金額かと思います。毎日使えて、毎日が快適になるんですからとてもお買い得かと思います。

 

次には、計測が面倒。

これは一度きりなので、頑張って行ってみてほしいです。

ということで値段以外、あまりデメリットは感じませんね。

まとめ

枕選びはとても難しいですが、高いだけで本当の効果は怪しい物ばかりです。

その点、山田朱織先生の枕は整形外科ですので、そこら辺の自称専門家よりもよっぽど信頼がおけるかと思います。肩こりや首の痛みに悩んでいる方、興味のある方はぜひ一度試してみてほしい枕です。

 - ライフスタイル, 病気予防