半日断食(ダイエット)の効果とゆるーいやり方

   

じめじめした梅雨が過ぎるといよいよ夏まっさかり!

夏といえば、ちょっと露出が多くなる季節ですよね。

気になるのがお腹の脂肪って方も結構多いのでは?

そこで、今回はお気楽な(?)半日断食をご紹介します!

半日断食

半日断食とは朝食は取らずに水または野菜ジュースのみで過ごし、お昼と夕飯は通常どおりに食べて良いのですが、夕食は寝る前は避けて、次の日の朝食まで18時間なにも食べないという断食です。

たとえば19時に夕食を食べたのであれば、次の日の昼食は13時に摂ることになります。

基本的には朝食抜きなんで、ちょっと頑張ればできそう!って思ってませんか?

でも、上記以外にもなかなか大変なルールがあるのです。

1、間食は禁止

2、食後3時間は水分の摂取は禁止(胃液が薄まるため)

3、肉はなるべくさけて、腹八分目

4、夕食は21時より前に摂る

5、玄米菜食を心がける

上記のルールを守れば、あなたもダイエット完了です!

なーんて、なかなか厳しいですよね。

自分もはじめは1と2は守ってましたが、なかなか仕事が遅く、忙しいとそうもいきません。

間食もしまくっていますし、肉をやめるのは酒をやめる以上に難しそうです。

9時より前に夕食を摂るなんて奇跡に近いです。

そんな不完全ながら約3ヶ月間、半日断食を続けている自分が、そのダイエット効果をお伝えしたいと思います。

半日断食のダイエット効果は?

そんな適当半日ダイエットの自分の効果をお伝えしたいと思います。

ダイエット開始前92.5キログラム

2週間後88キログラム

4週間後85キログラム

ちなみに自分はかなり身長が高めなため、もともとの体重も重い方ですがけっして太りすぎた人が食事を抜くと一気に痩せるといった現象ではありませんので、ご安心ください。

1ヶ月で約7.5キロの減量に成功しました。

その間は、朝食を抜いて間食も極力取らないという、ややストイックな生活を送っていました。

その後は83キロまで減ったんですが、結局少し戻って、86~87キロ付近をうろうろしているので、適当半日ダイエットではこれが限界かなぁという感想です。

しかし、考え方によっては1ヶ月だけ朝食、間食抜きだけでこれだけの効果があるので、最初の助走としてはとても優秀なのではないでしょうか?

やせるだけじゃないすごい効果

もともと断食を始めた理由は、暴飲暴食が続いていた時期に食べることの執着から離れたい。というよくわからない欲求がもとで、こちらの本を元にはじめたのでした。

自分は体が弱いために断食で少しでも丈夫になれば良いなぁ。という想いが強く、ダイエットよりも健康を考えて始めたのです。

断食を始めてから変わったことといえば、朝は快活に仕事ができるようになったことです。

前の自分は、朝はなかなか頭が働かずに、サンドイッチを食べて目を覚ましながらなんとか仕事をこなしていました。

午後一で襲ってくる体のダルさがあったんですが、それもほぼ解消して、あまり眠くならずに、仕事に取り組めるようになりました。

全体的に体が軽くなった感じです。

あと、前はお腹が弱く、よく下していたのですが、ほぼ毎日通常の便が出るようになって便秘や下痢にも効果がありました。

だけど課題も

朝食を抜いてると平日はあまり気にならないんですが、土日の休みなどに、異常にお腹が空く時があって集中できない時があります。そんなときはちょっとフルーツを食べるんですが、もうちょっと楽になればいいのに。と思うことがあります。

まとめ

間食ありの適当半日断食ですが、初めて見るとダイエットよりも健康面でのメリットが多いことが分かりました。これから夏本番、なるべく間食も減らすことでもっと体重が落ちればいいなぁなんて思っています。

朝食をガッツリと食べる方は抵抗が多いと思うんですが、初めて見ると案外、できちゃうんですよね。

ダイエットを始めようと思っている方はこれを機会にどうぞトライしてみてください。きっと半日断食のよさに気がつくと思いますよ。

 - ライフスタイル, 病気予防, 食生活